3代目の雑記帳

支援する物がない

製紙工業会から支援物資の提供を求めるFAXが来ました。
紙関係なら必要とされる物資も沢山作っていますから協力できることが多いと思います。
ウエットティッシュなどは大変喜ばれるそうです。

ところが弊社には提供できる物が無い。

生活必需品を作っていないからこのようなことになるのです。
ある意味、零細企業としては望ましい結果ではあります。
生活必需品は大企業が作るものであって零細企業が作ったところで勝負にはなりません。
零細企業が作るべきはあったらいいけど無くてもいいもの。
言い換えると災害時、役にたたない物ばかり。

会社としては義援金という形で協力させていただきましたが、物で協力できないというのもある意味、企業力の差であり、現実であり寂しくもあり、口惜しくもあり。

子供達に喜んでもらえる紙風船もヘリウムの問題もあるし、まだまだ状況的に早いですし。

一日でも早く弊社製品をご使用いただける、何気ない普通の日が戻ることを切に願っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください