3代目の雑記帳

陰謀

今回の震災で嘘か誠か地震の原因が人為的なものであり、某国の仕業であるなどなど陰謀説がささやかれております。

これを機会に「陰謀」というキーワードで検索しますと、古今東西、様々な陰謀が見られます。映画や小説のネタになったようなものからつい最近起きた事件が実は政府の陰謀だったとかなんとか。

宇宙人が関与しているものも含めて、陰謀の背景には常にお金や利権が存在するようです。言わば通常の経済活動を離れた手段を用いて結果を得ようとする過程で陰謀が生ずるようです。

陰謀を画策するのは地球上で人間だけだとも言えます。

陰謀は何故に陰謀かと言えば真実が明かされないからであり、明かされてしまうようでは陰謀ではないので明かされることはありません。また、無理に明かそうとすれば陰謀に巻き込まれ、陰謀の被害者として陰謀の中に埋もれてしまう。

誠に陰謀とは世の陰の部分であり表に出ることがないので陰謀マニアなる者を生み出す魅力があるのでしょう。
また、そこから陰謀という扱いにしてしまうことで逆に真実みを失わせようとする動きもあるようで、所詮、マニアの絵空事だよということにすることで真実を隠蔽する。

「陰謀」はそれ自体の真実みを失わせる表現でもあるということです。

故に陰謀を明かそうとするならば陰謀という言葉を使わない方がよろしい。

しかし、少なからずこの国にも今現在において陰謀・・・いやいや、国民の知らないところで、国民の知らない方々が様々な画策をされていることは確かなようです。しかし、それをここで明らかにすることは賢い人間のすることではないということもなんとなくわかってきます。社会の歯車は歯車なりに疑問を持つことなく上の動きを伝えてればいいんでしょう。

やがて、権力者が隠すことの必要性を感じなくなったとき、俗に陰謀と呼ばれる物がおおっぴらに行われるようになればそれが革命の火種になるんでしょうね。

だから、今は暴かない、明かさない、知らないでいいんじゃないかな?

と思わされるのも陰謀の結果かも。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください