3代目の雑記帳

ランドセルに見るCMの力

昨日、息子のランドセルを買いに近所の文房具店へ。
ここで買うと文房具が安くなる上にすべての学用品に名入れもしてくれるそうで、ランドセルの価格も同じグレードであれば大型量販店との差も無いので。
小さな文房具店なれど有力な幼稚園をおさえているので販売個数も多く、単価は抑えられるという仕組みのようです。

この文房具屋のご主人から聞いた話。
某大型量販店でカラーバリエ-ション豊富なランドセルを売っていますが、今年はA4サイズが入る大きさと教材が増えることでのランドセル自身の軽量化を人気子どもタレントを使ってCMしてました。

このCMの影響力とは絶大で、今年ランドセルを買い求める親は必ずこの2点を聞いてくるそうです。

ですが、これは大間違い。
某大型量販店のPBなど低価格ランドセル以外はすでに数年前からA4対応、軽量化が進んでいたそうです。
某大型量販店はそういった流れの中にあって低価格を売り物にする為、旧規格で売り続けていたのだとか。

さすがに時代に合わなくなってきたので今年のモデルから大型化、軽量化したそうです。

つまり、あのCMは某大型量販店の中だけの話であって、世間一般のランドセルはその大部分がすでに大型化、軽量化していたので、今となっては選択肢はそれしかないということです。わざわざ聞くまでもないそうで。

ですが、世間の親御さんは某大型量販店のランドセルが新規格でそれ以外は旧規格と思っています。

CMの力、恐るべしと言ったところでしょうか。

ちなみに、良いランドセルと悪いランドセルの見分け方も教えてもらいましたが、某大型量販店や某大型雑貨店のランドセルは・・・・想像にお任せします。

しかし、高いなランドセル。
6年間壊さないでくれ!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください