3代目の雑記帳

採用試験

先週、創業56年目にして初めての新卒者採用試験を実施しました。

2年前は希望者0でしたが昨今の就職事情を反映して今回は複数の応募がありました。

私が何より重視したのはミスマッチを無くすこと。自分の考えていた職場と違っていたとして離職する人が多いようですが、今の世の中、一度離職すると再就職は極めて困難になります。とりえず採用して後々辞められるより、早い段階でその可能性を考慮して採否を判断すべきと考えました。

また適性テストの結果も重視。あまり数値的なことには信用をおいてはいませんが極端な数値が出た場合は面接の内容と合わせて検討させていただきました。

会社として採用は投資です。まず何より優先すべきは「長年、務めてくれること」です。才能が豊かでも短期間で辞められては困ります。

雇ってもないのにそんなことわからんやんかと言われそうですが全ては可能性の問題ですから。

しかし、難しい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください