3代目の雑記帳

聞く耳持ちますので

社内でなんかあったとする。
個人への不満、会社への不満

それはなかなか私のところへは上がってこない。
なのでそれとなく報告してくれる人がいます。

ただ、その報告が必ずしも正確とは限りません。どうしても報告者の主観がはいりますので事実とは異なるケースもあります。伝言ゲームではないけど当事者本人が意図したことと違ってくることもあります。場合によっては報告者の都合の良いように情報が取捨選択されることも考えられます。

で、今まではそういった報告に基づいて対処してきたわけですが結果としてトンチンカンなことになり、問題がより複雑になりました。

そこで、これからは不平不満がある場合、第三者を介せず直接言ってきてほしいと伝えました。(今回はもめてる人たちに)

また、社員から社員に対して不平不満がある場合も陰口を言ったり、直接相手に言うのではなく私に言ってほしいと伝えました。自分の仕事だけしてくれればいい。誰かのミスや怠慢で不良品が出た場合は、会社が責任を追及し責任を取らせる。それは社員さんが社員さんにするべきことではない。厳格に処分します。

というようなことを数年周期で言ってる気がしますが結局、個人の個性なんで解決はしませんけどね。ただ、今までと違うことはこれからは定期的に個人面談をしようと考えています。まずは年2回程度かな?

直接、話を聞く機会を増やします。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください