3代目の雑記帳

ヤードメーターの代わりになるか?

製紙や紙加工に限らず、シート状のものを製造するうえでその製品の出来高を調べる必要があります。

ヤードメーターという装置が必要になるのですがアナログはともかくデジタル表示しようとするとお値段もなかなかなものになります。センサーよりは表示する部分がねえ・・・

今回、新しく作った紙を小巻にする装置にヤードメーターを付けたかったのですが、機械メーカーに聞くと「小型のヤードメーターは無い」との回答。
大きいのはありますがお値段はそれなりに。なおかつ、構造上難しいらしい。

そこで、自転車用のサイクルコンピューターは使えないかと考え、有線の安価なモデルを自転車の安売り店で買ってみる。2000円

まあ、そこそこ使えるが周長の設定値に制限があるので細かくは測れません。それに周長の最小単位がcmまでなので不都合がある。

 

そこでなじみの自転車専門店に相談に行くと上位機種を勧められる。7000円
これだとmm単位で周長を設定できますし、設定値の制限も実用の中では申し分ない。
しかも無線だから配線の必要もない。(ただし、60cmくらいしか電波は飛びませんが)

これでm数から速度、平均速度、最高速度まで計測、表示してくれるのだから、同等の性能を加工機専用で作るのを考えればそれはもう、とんでもなく安くできてしまいます。

同じ用途でも量産品だと安くなるという典型でしょうね。

ということで、紙関係製造業の皆さん。
今のヤードメーターが壊れたり性能不足を感じるならサイクルコンピューターで検討していいかもしれませんよ。

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください