3代目の雑記帳

中華鍋

私は料理をします。
ほぼ毎日作ります。

男の料理なので中華が多いです。
いままで中華鍋は4つ買ったでしょうか。
大体がホームセンターで売ってるヤツ。
すぐに錆ます。真っ赤になります。

あまりにも耐久性が低いので中華鍋とは消耗品かと思っていました。
しかし、本物は違います。

山田工業所の打ち出し中華鍋
http://www.yamadanabe.com/

まず、油のなじみ方が違います。ホームセンターの物とは違います。
料理番組でプロが調理するときの中華鍋の色合いです。
油が表面にきれいに均一の広がります。そして浸透していきます。
料理をした後、熱い状態でさっと洗えば洗剤も必要ありません。
適度に油が残った状態で汚れが落ちます。
そして空焼きすれば錆びることがありません。
今の鍋は10年使っていますが錆びないし汚れが固まらない。

炒飯もテフロンのフライパンで作るより美味しい(気がする)
ちゃんと段取り踏めば焦げ付くこともありません。

おそらく一生ものになるでしょう。

短期間で安ものを買い替えることを思えば多少高くても(ってそんなに高くはないけど)いい物を買うことが経済的だという良い例だと思います。

テフロン加工もいいけど高い割に長持ちは望めませんしね。

これは自信をもってお勧めできます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください