3代目の雑記帳

展示会


11月29日から高知ぢばさんセンターで「ものづくり総合技術展」が開催されています。
弊社は「高知県製紙工業会」のブースに共同出展しています。

県内での展示会は東京などで行われる商談会とは異なり新規の受注につながるようなことにはまずなりません。
その主たる目的とすれば地元に対して産業の認知度を向上させることで採用に役立つ程度だと思います。
もしくは、会場での異業種交流の中から新しい商品が生まれる機会になるか?

地産地消ということで言えば意義ある取り組みですが地産外消という意味では効果はないでしょう。

それより、もっと県外の展示会への出展を積極的に行うのが効果的だと思いますが、色々と大人の事情もあるのでしょう。下々にはわかりません。

同時に開催されている高知のB級グルメコーナーが無ければ人出はもっと少なかったかもしれませんが、お陰さまで中々の来場者です。
私も、時々店番に出ますが、商品の説明をするより、B級グルメ食べ歩きばかりしています。

以下、B級グルメ評
前から食べたかった鹿肉をソーセージにしてパンに挿んだ「シカドック」。普通でした。(鹿を普通の味にするところに工夫を感じます)
大豊の「猪肉の鉄板うどん」はマヨネーズが強すぎる気もしますが一番のお気に入り。
西土佐の「ホルモンうどん」はホルモンが少ないけど味は良かった。
シャモカツドックは食べて後悔。シャモの使い方を間違ってますね。

さて、本日、最終日。午後からは撤収を兼ねて店番をしてきましょう。(と言いつつ、残りのグルメを制覇だ!)

カテゴリー: お仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください