3代目の雑記帳

なのなの?

先週はビックサイトの新技術新素材展に少し顔を出して来ました。
四国の紙関係企業十数社で合同の出展です。商品説明等は四国経済産業局の方にお任せしているので各社は必ずしも行かなければならないという物ではありませんが、こんな機会も滅多にないので一日だけですが参加。

とはいってもせっかくのビックサイト。他にも展示会がいくつか開催されていましたので走り走りですが見てきました。

メインはナノテクの展示会。ナノ素材とそれを取りまく、装置・サービスの紹介
なんのことやらわからんなりにブラブラ見て歩いていると日本のカーボン素材メーカーがロードバイクを展示。イタリアのブースでもカーボン製シフトレバーなどなど。
カーボンナノチューブで作ると軽くて丈夫な素材になるらしい。軽量化が命の自転車にあって、コンポーネント以外の金属部品はほとんどがカーボン。金属部品は数える程じゃないのかな?
鉄→アルミ→カーボンとその主力素材が変遷していますが、これからもしばらくはカーボンなんだろうな。

弊社としてもナノ素材はやがて普遍のものになるのでしょうね。ただ、まだそのナノ化によるメリットが少ないと言うのが実情でしょう。ナノでないといけない理由がまだ無いので。

会場は中国人が実に多い。自転車の製造も台湾が中心なので素材に関心があるのでしょう。今や台湾製や中国製以外を探せと言われても難しい現状から思いますに、彼らに新素材に取り組んでいただき、高品質の自転車を作りだしていただきたいと願うばかりです。

餅は餅屋。ライバル視せずに共存の道を探るべきか?と大人な考えを抱いたのでした。
それより問題は国内某不織布メーカーだな。その技術、ちょっと気が許せません。要注意!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください